プロフィール

TAMAE

Author:TAMAE
はじめまして、Tamaeです。
心と身体が癒されるにはどうしたらいいんだろう?
そう思い初めて15年以上追求してきました。
軽井沢でマヤ暦占い、リーディング・スピリチュアル心理カウンセリング・整体をしています。

★癒しサロン Healingmoon HP
・プロフィール
・スピリチュアル心理カウンセリング
・マヤ暦占い・透視リーディング
・メール占い・カウンセリング
・電話・対面ワンネスディクシャ
・初めての方へ
・お問い合わせ先↓
waraku★th.lovepop.jp
(★を@に変えて)
・サロンのお部屋写真

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
4562位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
セラピー
242位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

月と星と妖精ダストのブログパーツ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロフィール

癒しサロン Healingmoon でセラピストをやっています。
癒しサロン Healingmoon HP
セラピストになるまでのプロセスを書いてみました


私がまだ小学生に上がる前、家の近くには田んぼや畑があり、裸足でよく遊び
トンボやバッタを捕まえたり、蛙の卵をバケツいっぱいにして家に持ち帰ったり
好奇心旺盛で活発な女の子でした。
空や雲を眺めては、
「この世界はどうなっているのだろう?空はどこまで続いてるのかな?」
なんて考えながら詩を書いたり、歌を歌っていました。
また、感受性が強く相手の気持ちを瞬時に感じる能力がありました。

身体は決して強い方ではなく、5歳の時にてんかんを起こして11年間薬を飲み続けました。
医者に進められるがまま飲んでいたけど、今思えば必要無かったと思います。
喘息や軽度のアトピーもありました。
とにかく何かと薬を飲んでいたのを覚えています。

小学生の時でした。とても仲良くしていた友達から裏切られ、このころからだんだんと人を疑ったり
信じられる事が出来ないようになり、自分自身もまた信じられないし
傷付くのを恐れて、私のハートはどんどん閉じていきました。
それでもなんとか嘘笑いをして、人と上手く付き合わなければと一生懸命でした。

中学では部活に入りスポーツをしている時間は色々な事を忘れられるからとても楽しかった。
しかし、クラスや部員の中でいじめがあったり体験したり、
「人ってなんなのだろう・・・」って。
高校や専門生になって人に恐怖を感じる気持ちが益々強くなって
誰かといても心が一人ぼっちのような孤独感を感じていました。

私はやり場のない怒りというか虚しさをドラムや歌にぶつけていました。
あの時は、プロになるんだ!なんて言って自分の気持を誤魔化している事に気付けませんでした。

なんとか自分の生きる道を見つけたかったのは本当です。
プロになれないとわかった時、旅行が好きだからバイトで貯めたお金でトラベル専門学校に通いました。
そして大手会社にも就職が決まりましたが、「研修時に何かが違う・・・」
そう思って内定も取り消し、卒業あと1ヶ月前で学校を辞めました。
もったいないと周りからは言われましたが、悔いはありませんでした。

私の肌荒れが酷くなっていったのは、このころから。

そして何か私に出来る事はないかと探し、福祉の仕事に就きました。
人との関わりに恐怖は抱いていましたが、それでも人との関わりを持ちたくて
喜ばれる仕事がしたくて福祉の仕事を選びました。

福祉の仕事は喜ばれる事が多くて、下の世話・お風呂の介助・家事援助・お散歩など
こんな私でも何かの役に立ってると思ったら嬉しかったです。
しかし、悲しい出来事もありました。
それは「死」です。誰もが迎える「死」。
そして痴呆がどんどん進んでいく姿を見て、自分の子供もわからなくなっていく姿を見たり
どんなに高い地位や財産を築いても、家族との仲が悪かったり
そのような介護現場での相談を聞いてると、
私の虚しさは以前にも増していきました。
ハートが途轍もなく苦しかった。

「人ってなんなのだろう・・・」って。

職場での人間関係も良いものではありませんでした。
介護の現場ではニコニコして愛想の良い人が
職場では朝から物や人に当たり、汚い言葉をよく吐いたり。
私以外の人達が言い争いになっているのをみたり。
私の虚しさと人間恐怖症は強くなっていったのです。

心と身体がどんどん病んでいき
頭痛、動悸、のぼせ、生理痛、震え、苛々したり、人と会いたくなくなったり。
中でも肌荒れは深刻でした。
皮膚科にも通いましたが一向に改善の兆しはなく、
ずっと好きな人が結婚すると聞いて、気が狂いそうになりました。

ついに検診で「癌」かもしれない・・・と言われた時
もう本当にショックで、
「私の人生ってなんなのだろう?」
「このまま、愛を知らずに自分も誰も愛せず死んじゃうのかな・・・」
「人生も楽しめないまま死んでしまうのか・・・」
と病院の待合室で泣いていました。
その後、しこりは良性だとわかって切らずに様子を見ることになりました。

それからすぐ介護の仕事をやめて人のためではなく
自分のためにお金も時間も費やそうと決めました。

きっと神様が与えてくれたチャンスかもしれないって思ったから。

私はまず自然の環境の中にいけばよくなるかもしれないと思って
菜園のあるペンションに住み込みで働き出しました。
野菜は無農薬で作られているので美味しく、空気も気持ちよかったのを覚えています。
しかし改善されることはありませんでした。
ここでも対人恐怖が出て、あまりオーナーを上手く付き合う事ができなくて
屋根裏の湿気やカビ臭い部屋で寝泊りしていたら、
見る見るうちに、肌荒れや生理痛が酷くお腹の痛みも増していきました。

「環境じゃない」
そう深く気付き、僅か2ヶ月で帰宅。

次に行ったのは半断食。マクロビオティックに出会い、
砂糖もお肉も魚も動物性のものを一切摂らずに過ごし始めました。
この時に指導してくれた先生はとても穏やかな方でした。
初めは、身体が癖のように欲するので誘惑に負けるときもありましたが
食事を改善したお陰で徐々に生理痛や肌荒れも改善し始めました。

びっくりしたのが、穀物菜食をするようになってから
感情の起伏が穏やかになり、感受性が一段と強くなって五感や六感も鋭くなっていきました。
でも虚しさや寂しさや孤独感、人間恐怖症は相変わらずで・・・

ではどうすれば・・・
「そうだ!こころだ!心が土台になってるんだ!」
「こころの勉強をしよう、そして身体の勉強もしよう!」
そう思って、心理カウンセリングと整体、気功の学校に通いました。

心理カウンセリングによって少しずつ心が軽くなっていきましたが
分析をする作業に疲れてしまい、「だからなんなんだ?」みたいな
気持ちが湧き上がり、又もや虚しさが襲ってきました。

整体と気功(霊気)はとても楽しく気持ちよく
教えてくれる先生方も尊敬していました。
学校に通いながら、昼間は整骨院でバイトをし始め
職場の雰囲気は穏やかで、院長も気さくで笑顔の素敵な人でした。

しかし、私の中の虚しさや言いようのない孤独感、人間恐怖症は相変わらずで
どんな心理学や自己啓発の本を読んでも、一時的にテンションが上がるだけで
何も変わらなかった。
また、肌荒れも整体や霊気をしてもある程度までしか変化がなかったのです。

「もうお手上げだ・・・」
「もうこれ以上、私は何をしていいのかわからない・・・」

そう思ったとき、「衝撃的な本と暦」に出会った。

「悟りってなあに?」という本でした。
そして暦は「マヤ暦」
この暦に出会って、多くのシンクロを体験しました。

また、本を手にする前にこの「悟り」って言葉に電気が走ったのを覚えています。
今でもあの感覚は忘れられません。

あ!!!!
私これ体験しに来たんだ!って。


この本を書いた中西研二(通称ケビン)と言う人の
集中セミナーがあるというので
すぐ申し込みをしてセミナーを受けたのが
「ワンネスディクシャ」との出会いの始まりでした。


「ワンネスディクシャ」を受け始めて、こんなにも解放されるとは思わなかった。。。。。

途方も無い苦しみを抱えていた私のハートは理屈を超えて、
自然にハートのデトックスが始まり
泣いて泣いて泣きまくって、
幼児期や胎児期のトラウマまで解放される過程を体験しました。
また、様々な条件付けや概念、考えに振り回されないようにもなりました。

そして私だけでなく周りの家族までが変化し始めました。

父親が入退院を繰り返していたのが、
入院しなくなり
家族に絆が生まれたのだった。
心から繋がっているんだな~って実感したのは初めてでした。


私はいっぱい泣きました。
嬉しくて嬉しくて、、、いっぱい泣ききました。


「こんなに素晴らしいものを私と同じように苦しんでる人達と一緒にシェアしたい!」


そう思って、ワンネスディクシャの創始者の元、ワンネスユニバーシティという所にいき
ワンネスディクシャを伝授してもらいました。

21日間コースのギバー養成コースを受けて、、、

それでも日本に帰国して苦しみが無くなった訳ではなく・・・・

あともう少し何かが・・・
そう思った時、しんちゃん先生に出会い心理療法を越えたセラピーを教えていただきました。
このセラピーを教わったお陰で、より深い気付きとワンネスを体験したんです。

そしてワンネスディクシャの素晴らしさも再確認することに。

しんちゃん先生の心理療法はシンプルでありながらとっても効果があり、
いつの間にかそれにエネルギーワークやイメージワーク等アレンジしていました。

そのアレンジしたところにワンネスディクシャをすると更に効果があるのがわかりました。

今行っているスピリチュアル心理カウンセリングのセッションは、
今までの集大成です。

それからもインドのワンネスユニバーシティに7回行って、
今では幻となったレベル1コース,レベル2コース、上級コースを受講、
更にディクシャギバーを養成できるトレーナーコースを受け、
ついに2012年11~12月21日のディープニングコースで、
発狂の理由なき歓喜と聖なる存在との一つを体験し、
自分という幻想から解放されました。

今、静寂と理由ない喜びの中で生きています。

精神世界や体のことを学び始めて15年経ちます。
ワンネスディクシャに出会ってからは約8年。

世界は内側の反映。
ひたすら内側に向かい浄化の日々、人間関係・トラウマの解放・インナーチャイルドワーク・拘り・捉われ・執着・条件付け・概念を解放してきました。

今全ての出来事が貴重な財産となり、
今では理由のない至福感や些細な出来事に幸せを感じたり、
見る・聞く・触る・味わう事などが楽しくて仕方ありません。
そう思えないときも、それはそれでOK♪
苦しみから解放され、
ディバインプレゼンスとは常に一緒、
ハイヤーセルフと会話するようになり、
心穏やかに過ごしています。


癒しセッションを通して、一人でも多くの方に社会に貢献していければと思います。


合掌 たまえより
スポンサーサイト

トラックバック

http://waraku111.blog10.fc2.com/tb.php/29-5edb4a9d

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。